ダメ人間はどう生きるか。

ミニマリストになりたいコミュ障ごぶりん。

【読書感想】気くばりがうまい人のものの言い方/山崎武也


 

正直違和感があるなぁと思って途中で読むことをやめ、メルカリ・ラクマへ出品しました。

あまり合わなかった。 

 

イマイチうーん…と感じた点を一部抜粋。

 

 

<引用>

友人の弁護士が不満を漏らしていた。事務所に入ってきたばかりの女性秘書がエレベーターホールで顔を合わせたとき、「顔色が悪いですね」といったというのだ。

 

これはネガティブな事を言うなということみたいなのですが、

これだけで不満を抱かれてしまうのかめんどくせーと感じました。

女性秘書さんも心配する気持ちで言ったんやろうに。

ここでは「忙しそうですね」とかに言い換えたらいいらしい。

ネガティブ感は一緒じゃないか??

 

「顔色が悪い」って言われても別に不快ではないけどな~~

 

「今日はゆっくりお風呂入ったり良いパックでも買って帰ろかな」と思うぐらい。

 

 

<引用>

ある人が新聞に、こんなコラムを書いていた「ゴルフを見に行ったときの話だ。ある選手が次のホールへと移動するときに、ギャラリーの誘導をしていたおばちゃんに対して、そっと「ごくろうさま」と一声かけたというのだ。」

~中略~

知らない大人の女性を呼ぶときに、おばさんとかおばちゃんとかいうのは、子供が呼ぶ場合だけである。大人がいったのでは、相手を見下すニュアンスがつきまとう。ましてや文章に書くときは、下働きをしている人という感じを与えやすい。

 

ここで私がめちゃくちゃ「えぇ…」と思ったのが、

「おばさんとかおばちゃんとかいうのは、子供が呼ぶ場合だけである。大人がいったのでは、相手を見下すニュアンスがつきまとう。ましてや文章に書くときは、下働きをしている人という感じを与えやすい。」

ここ。

 

おばさんとかおばちゃんとかいうのは、見下すニュアンスとか下働きをしている人…?????

 

そんなの初めて聞いた…。

 

 

私が関西圏出身だからか、おばちゃん呼びはわりとふつーに日常的にありえる事だと思うし、フレンドリーなニュアンスもある気がする。

 

なんかこの本は読んでてめんどくせーとしか思わなかったなぁ。残念。

 

 

 

ものの言い方といえば、最近モヤっとしたことがありまして。

 

 

 

ほぼ愚痴※

 

勤め先から、「マスクは足りていますか?必要であれば社長がストックもっています」と複数回メールが来ていて、そのたびに「大丈夫です」と返信していたのですが、

先日電話がかかってきた。

マスクの件で。

 

メールで何回も断ってるのに電話かかってくるところがもう…めんどくさいし、何回も断るのはよくないかな?もらった方がえぇんやろうかと思い、

別にまだ必要ないのに

「ご面倒でなければ頂けると嬉しいです」と言ってしまった。

 

そしたら、郵便でマスクが5つほど届いており、手紙に

「社長からのプレゼントです。到着しましたら社長に一言、言ってあげてください」とだけ書いてあった。

 

 

このモヤっと感…。

 

 

断ればよかった…。

 

丁寧に感謝メールを打ちましたよ。えぇ。

 

以前、休日に「これの使い方とかもろもろ教えてほしい」とメールが来て、いろいろ調べて丁寧長文でメールを送ったのに感謝メールどころか、返事すら来なかったことをいまだに根に持っている我。

 

 

 

おしまい。

にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村