ダメ人間はどう生きるか。

ミニマリストになりたいコミュ障ごぶりん。

音楽フェスはコスパがいい。トーキョーコーリング9/14、新宿。最高に楽しかった。

音楽フェスというと、

行ったことない人は

 

野外!!!夏!!!

値段1万円超えで高い!

知らないアーティスト多いし、好きなアーティストだけ見たい。

年齢層若そう……

サマソニ、ロッキン、ライジングサンしか知らないなどなど……

 

イメージのどれかが当てはまって、

なかなか興味を持てない人に

フェスのおすすめポイントを語っていきたいと思います。

1人でも多くフェスに行ってみたいと思ってくれたら嬉しいです。

 

目次

 

 

フェスは野外、夏だけじゃない。年齢層も幅広いです

日焼けするのが嫌!熱中症なりそう。という方には、野外じゃないフェスがあります。

野外じゃないフェスがどんなもんかと言うと、

街中のライブハウスをめぐりめぐるサーキットフェスというもの。

ちょうど9/14.15.16トーキョーコーリングというサーキットフェスが開催されています。

1日目は新宿

2日目は下北沢

3日目は渋谷

f:id:gobrintan:20190914231635j:image

1日目の新宿が楽しすぎたのでおすすめブログが書きたい!!!と帰りの電車で推しバンドを聴きながら、ポチポチとブログを書いています。

タイムテーブルとこの地図↑を見て、見たいバンドが出るライブハウスに行くというもの。

街中で開催されるので、休憩したくなったらカフェや居酒屋に入るも良し。

 

野外フェスや大型フェスやと屋台が美味しいのがメリット。

 フェスの楽しみのひとつ、タイムテーブル

f:id:gobrintan:20190915172159j:image

タイムテーブルとは、↑こんな感じで何時にどのバンドがどのステージに出るかがのっているもの。

タイムテーブルが発表されたら、どのバンドを見に行くか作戦会議をするのがほんっっまに楽しい。わくわくさん。

友達と行くときにお互い絶対見たいバンドがわれた場合、その時だけ別行動するもよし。

f:id:gobrintan:20190915172254p:image

↑こっちが事前に見ようと予定してたタイムテーブル

f:id:gobrintan:20190915172249j:image

 ↑こっちが当日実際見たバンド。

お互いの体力状況や、やっぱりこのバンドが見たい!となって当日に作戦変更することも。

運動嫌いなアラサーはやっぱり体力がなくて休憩多めになりました。

ライブハウスや人気状況によっては早めにいかないと、満員で入れないこともあったりも。

 

値段はお高いフェスからお安いフェスまで幅広い

お高い有名なフェスでいうとロッキンやと一日チケットで14,000円です。

私がよく行くフェスは5,000円前後が多いです。

トーキョーコーリングは4,500円。

私が行った最安値やと2,500円のフェスもあります

 

フェスにハマったきっかけ

私が初めて行ったフェスは「カミングコーベ」という入場料無料のチャリティフェスでした。

「無料やし行かん??」と友達に誘われ、

そこで「打首獄門同好会」というバンドのライブをみて、あまりの楽しさにどっぷりとフェスにハマっていきました。

「打首獄門同好会」というと字面的に「聖飢魔Ⅱ」のような風貌や、おどろおどろしい曲を歌ってそうなバンド名ですが、

まったくそんなことはありません。

「日本の米は世界一」「布団の中から出たくない」「はたらきたくない」などなど…日常的に共感できる曲がとても多いです。

フェスきっかけでいろんなバンドの曲を聴くようになり、月に2・3回はライブやフェスに行ってます(私が節約強化月間除く)

フェスならではのコラボ

フェスによってはバンド同士でコラボして、

別のバンドの曲をカバーしたり

他のバンドメンバーがゲスト出演して一緒に演奏したり

MCで出演バンドの話をしたり。

フェスならではの豪華な絡みがみれることも。

個人的なおすすめバンド

・オメでたい頭でなにより

ツアー遠征するほどハマっているバンドです。

最近は子供席を設けたり、幅広い年代に人気になってきています。

ノリやすくオメでたい、楽しいライブをしてくれます

・四星球

終始おふざけ満載のコミックバンド

・セックスマシーン!!

バンド名とは裏腹に、下ネタ曲がゼロです。「サルでもわかるラブソング」はぜひ聴いてみてほしい。

ボーカル、モーリーのライブパフォーマンスに笑顔になること間違いなしです。

・打首獄門同好会

共感間違いなしの曲の数々。

・アシュラシンドローム

曲もライブパフォーマンスも男くさくてかっこよすぎる。

・ロットングラフィティ

「金色グラフティー」「PLAYBACK」「70cm四方の窓辺」ぜひ聴いてみてほしいです。

 

下ネタ好きな方は巨乳まんだら王国がオススメです。

まとめ

一日でたくさんの多種多様なアーティストを見れるのがフェスのお得なところ。

フェスによっては邦楽バンドだけじゃなくてヴィジュアル系やアイドルが出演したり幅広く楽しめます。

ちょっとライブを見てみて、「好みじゃないな」と思ったら別のステージに行ったり休憩するもよし。

CDなどで聴くとそんなに好みじゃなかったけど、生でライブを見たらハマることもあります(逆もしかり)

そのアーティストの為だけにチケットとったりするほどじゃないけど、見てみたいな~っていうアーティストも見れたり。

なんとなくみてみたら、めちゃくちゃ響いたり。

 

ほかにもお笑い芸人が出るフェスも。

「ポルノ超特急」「オトタノ」「コヤブソニック」など。

 

気になるけど、一緒に行く人がいないし1人で行くのは…という方はまわりの友達など巻き込んでぜひフェスに行ってみてください。

誰も行く人見つからなくても、1人でも楽しめますよ。

 

明日はトーキョーコーリング3日目、渋谷。楽しんできます。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村